デスクトップ版(PC版)を閲覧中です。

モバイル版へ変更
close

道行く人を眺めながらリラックスしてお食事を ラ・テラス・クレベール

カテゴリー テラスレストラン フロアー 1階 (Avenue Kléberに面したテラス) 営業時間

朝食: 7:00-10:30(月-金)
7:00-11:00(土・日)
ランチ: 12:00-14:30
アフタヌーンティー: 15:00-18:00
ディナー: 19:00-22:30

お問合せ

Tel: +33 1 58 12 66 94
E-mail: lobbyppr@peninsula.com

「お席の予約」をクリックしますと外部サイトに繋がります。

ドレスコード
スマートカジュアル
軽食からしっかりとしたお食事まで1日中お楽しみいただけるテラスレストラン「ラ・テラス・クレベール」は、パリの道行く人を眺めながらおしゃれにお食事をするのに最適な場所です。1階に位置し、パリで最も大きいひとつのテラスで、庭園のように緑が溢れるこの場所は、すばらしい眺望を楽しめる新しいスタイルのレストランです。

インターナショナル料理やアジア料理に加え、「ル・ロビー」や「リリ」のアラカルトメニューからのご注文も承ります。

つや消しスチールの骨組みにガラス張りの印象的な天蓋に覆われたテラスでは、日没の夕陽をお楽しみいただきながら、お食事や食前酒、カクテルなどをお召し上がりいただけます。ご宿泊のお客様はもちろん、パリジャン達にもパリの中心に位置するユニークな雰囲気をごゆっくりとご堪能いただけるラ・テラス・クレベールは、記憶に残る特別なひと時をお過ごしいただける場所です。

ミート・ザ・シェフ ローラン・ポワトヴァン (Laurent Poitevin)


ザ・ペニンシュラパリに輝かしい美食の一時代を築くポワトヴァンシェフは、 ミシュランスターシェフを父に持ち、ホテルヴェルネ(Hotel Vernet)、ラングル・デュ・フォーブール(L'Angle du Faubourg : ル・タイユヴァンのセカンドレストラン)など、パリの数多くのミシュランレストランでキャリアを積みました。 また、フランスの内務大臣のプライベートシェフも務めました。

彼のモットーとインスピレーションは、"生きることとは分かち合うこと"。彼の創造的な料理の礎には、この言葉があります。 ポワトヴァンシェフは、フランス料理に使われる素材の最高級の品質と多様性にインスピレーションを得て、シンプルでありながら創造力に富んだ料理の数々を生み出しています。

“ユニークな味の組み合わせを探求し、視覚と味覚の両方を愉しませてくれる料理を創り出すことにやりがいを感じています”
インタビューを読む

ダイニング オファー

このページの先頭へ